自動車

車査定をしてもらう前にやっておくこと|細かな傷などは可能

車を売るために必要な書類

青い車

車売却をする場合にはさまざまな書類が必要となります。それらの書類はそれぞれに意味を持っていて、中には期限付きのものもあるので注意が必要です。不明点があれば買取業者に問い合わせてみましょう。

詳細を読む

壊れた車に残った価値

査定

思わぬことから事故につながってしまい、そのまま廃車にしてしまうというケースは毎年どこかで起こっています。しかし、事故車であっても買い取りを行ってくれている販売店があるので、そういった業者に買取してもらうとよいでしょう。

詳細を読む

買取価格は業者選びが大切

模型と電卓

車買取で高く売るためには、その車種の相場を知ることが必要です。また業者ごとにつける価格に違いがあるので、比較サイトを利用していくつかの会社を比較して相場を把握しておくと、売却時にも車が売りやすくなります。

詳細を読む

高く売るために必要なこと

駐車場

新しい車への買い替えで今まで乗っていた愛車を売る場合は、車査定を行なって見積もり金額を出します。その時の見積もり金額は車の状態やついているパーツなどによって左右されてきます。車の状態で傷だらけであると購入者からは当然好まれることはありません。そうなってくると車査定時の価格にも影響してきてしまいます。そのため、車を売る前にはできるだけキレイな状態にしておきましょう。小さな傷程度であればコーティング材などを使用することで消すこともできるので、細かな傷などは可能な限り消しておきましょう。また、パーツは純正パーツやオプションパーツがついているかどうかも車査定時の見積もり金額に影響します。車を売る店舗によって違いはありますが、一般の中古車販売店であれば純正パーツがついていて、且つオプションパーツもついている状態であれば車査定の価格が高くなることもあります。しかし、一部パーツが交換されていて純正パーツがないという場合には、逆に車査定時に価格が下がってしまうこともあるでしょう。社外パーツをつけている場合には、チューニングカーを販売している店舗であれば変更されたパーツも車査定時の評価対象となり、高く売れることがあります。売る場所によって価格に差が出てくることもあるので、売る場合には1社のみですぐに決めずにいくつかの会社を比較することでより高い値段で売ることができるでしょう。また、売る場合にはできるだけ早く売ってしまいましょう。しばらく乗らずに売るのが遅くなってしまうと、型落ち車として価格が安くなってしまうこともあるので注意が必要です。